yubiyubiquilt

猛暑の中のドラマ撮影

”37.5℃の涙”、全10話のお話なので今週から後半戦に入りました。今年は世界陸上があるので途中お休みもあるようですが色々ストーリーの謎も解けてきました。
最初に”パッチワークの技術監修”でご依頼を受けた時は物語の細部までは聞いていなかったのでこんなにキルトが前面に出てくるとは思わず、浅野さん扮するお母さんが毎回どんどん怖い演出になっていくし…複雑な気持ちで撮影に立ち会っています。
撮影場所は大きくて素敵な洋館だけどほとんどの部屋にクーラーがありません。葉山なので日が落ちて海風が通れば気持ちが良いのだけど撮影時はほとんど窓は締切。なので今年の夏の猛暑、部屋が恐ろしい程の暑さでもう汗だくです。最後には首にタオルを巻いておじさん仕様の私なのですが浅野さんはじめ演者さんは不思議と汗をかいてないので汗だくな状態で近くに寄るのが恥ずかしいくらいです。
こんな暑さに加えて待ち時間も長くて思ってた以上に大変なドラマの撮影現場、明るい時間でも外壁に暗幕を掛けて夜にしたり、とってもピーカンなお天気なのに大型扇風機で嵐が起きたり、撮影に不可能な事は無いと感じてしまいます。
d0161728_18372040.jpg
先週の5話から実家のリビングがJUN先生の作品でいっぱいになっています。撮影の日の帰り道JUN先生に「冨美子さんのリビングが”JUNKOの部屋”になってます~」とLINEを送ったくらいキルト盛り盛りの部屋になりました。でも2M大のキルトを飾っても全く圧迫感も無い天井の高いリビング、最初は美術さんが壁いっぱいにキルトを飾っているのをみて「飾りすぎじゃないの~」なんて思いましたが画面を通してみると全然違和感ありません。
d0161728_18372139.jpg
全編冨美子さんのキルトはJUN先生のキルトをお借りしているのですが、今回モモちゃんの洋服を切り裂いて作ったキルト(怖い!)は撮影当日朝から現場入りしてスタッフさんの指示通りに私が突貫で作ったものです。もう縫っていても悲しいくらいの配色なのですが…これも不可能な事は無いドラマ撮影ならではなのでしょうか…ミシンも使いなれたジャノメさんのHORIZONをお借りしているのにHORIZONは撮影で忙しく古いカタカタ言うミシンでの作業~辛かったです。
ドラマ上は本当に恐ろしくて嫌なお母さん役の浅野温子さんですが普段はとても気さくで役に入った途端にあの表情になるのがすごい!関係者以外無用な空気の現場なので他のシーンの時は目立たない様にしていても目が合えば「先生、今日もよろしくお願いします」と恐縮な挨拶をしてくれたり、スタッフさん達へのアイスの差し入れをしたりと気配りも流石です。どの業界でもトップランナーでお仕事されてる方はやっぱり違うな~と感じしてしまいます。台本もギリギリで上がってくるので後半はどんなお話なのか全くわかりません。冨美子さんもモモちゃんもハッピーエンドで終わって欲しいですね。
[PR]



by yubiyubiquilt | 2015-08-14 03:06 | Comments(0)
Quilter指吸快子
by yubiyubiquilt
プロフィールを見る

最新のコメント

美奈子さま キルト塾に入..
by yubiyubiquilt at 19:34
チューリップのキルト、サ..
by 三谷美奈子 at 15:14
美奈子さま このポーチの..
by yubiyubiquilt at 18:01
針金ポーチ、ガバッと開け..
by 三谷美奈子 at 11:22
ちびすけ様 昨日は遠くか..
by yubiyubiquilt at 19:33

ブログパーツ

最新の記事